トップ / 痛風のつらい痛みを改善

痛風の痛みを治療

痛風のつらい痛みを改善

歯茎でわかる健康情報

痛風は痛みがなくても治療が必要 

風が吹いただけでも激痛が走るといわれている痛風ですが、診察を受けて薬を飲めば痛みは治まるものです。もう平気だと思ってそこで通院を止めてしまう人も多いのですが、実は痛みが治まったからといって痛風が治ったわけではありません。尿酸値が高ければ引き続き治療と投薬が必要で、病院でも生活指導されるのですが食生活はプリン体を摂り過ぎないようにする必要がありますし、ビールなどのアルコールも控えなければなりません。標準よりも体重が多ければ、場合によってはダイエットを勧められることもあります。

痛風対策にビールのプリン体 

痛風対策としてはプリン体を摂取しすぎないことがあります。これは主に食事対策ということになり、あん肝、レバー、モツ、白子、エビ、カニみそなど、主に動物性食品に含まれているので、これらの摂取を控えるように言われます。そして、問題はビールですが、プリン体が多く含まれているので、痛風対策として飲まない人が多くなり、発泡酒や第三のビールに移る人が増えています。でも気をつけて欲しいことがあります。ビールに比較すれば、発泡酒や第三ビールは成分が少ないことは確かですが、やはり成分が多く含二でいるという事実です。